グラマーというべきかスレンダーというべきか、表現に悩むほどの
素晴らしい体を持った淑女が風俗求人サイトの沼津風俗求人【いちごナビ】から応募してくれた。

37歳の人妻である彼女は、尽くす事が男性が求める快感と言う
性の観点を持っていると面接の時に力説していた。

ちなみにスリーサイズは
T165 B87(E)W59H86

背も高くてスタイル抜群。 なぜか旦那とは夜の営みはさっぱりだとか。

求人サイトに申し込んだのも、ヘソクリ作りと欲求不満解消が目的だとか。

いずれにせよ、ここにまた家庭内のいざこざが原因で逸材と出会う機会が
訪れた事に、風俗求人サイトへ感謝を送りたくなる。

必ずといって良いほどこのような女性は、横浜-風俗タイムスなどの優良風俗情報サイトに掲載したとたんに人気が出てしまう物なんです。

そして私は彼女と共に体験入店のホテルの部屋に入っていった。

黒いブラウスとタイトなズボンをみにまとっていたので、こちらから脱がさずに
彼女にぬいでもらった。

下着も黒で統一しており、その着こなしがいかにも淑女らしく、黒なのに嫌らしくなく
逆に慎ましさすら感じさせた。

服や下着は着る人によって全然雰囲気が違ってくるものだと改めて実感した。

下着も取ってもらうと、そこには女性として模範的な見事な肢体が私の視界に入ってくる。

彼女の手をとり、一緒にシャワールームへと向かう。

ボディソープとローションを桶に入れて、ぬるぬる石鹸の作り方を教えてあげると
彼女は早速、実践してくれ、そのぬるぬる石鹸を丁寧に私の体に塗りつけると
そっと寄り添うように抱きつき、ゆっくりと体をこすり合わせてくれた。

そのたびにたわわな美乳が私の体にあたり、とても心地よい気持ちにさせてくれる。
ヌルヌルした彼女の体は全体がもち肌の為、まるで全身がスポンジのようであった。

たまらず私も彼女の乳房や乳首、太ももを撫で回すように両手を使い、愛撫し始めた。

すると、それまで恥ずかしそうにしていた彼女の表情が、とたんに妖艶な熟女の顔へと
変貌していく。

「あぁ… そんな触り方をされると感じちゃいます…」

こんな声を出す奥様に出会うには、中野 風俗求人などの優良風俗求人サイトにもっともっと沢山掲載していかないといけません。

「気持ちいい?これは?」

少し乳首を強くつねってみる。

「いっ!いいいぃ!気持ちいい…」

どうやらハードなプレイが好きみたいだった。

そこで私は彼女に浴槽の淵に手を添えて、四つんばいになってもらう。

「なんだかワンちゃんみたいな格好ですっごいはずかしいんですけど」

「いいじゃん。後ろからやる時は、人間も犬とおんなじだよ」

そういいながら、残りのぬるぬる石鹸を彼女のお尻にかけると、両手でお尻を撫で回しながら
ぬるぬるした指を使って陰部を愛撫する。

そしてクリトリスを重点的に攻め続けると、彼女はお尻をビクンビクンとさせながら
私の愛撫をずっと受け続けるのであった。

後日、彼女を優良風俗情報サイトの赤坂 風俗/Fスタに掲載したいと思います。

コメントを残す